ほくろ除去の相談【沈着した色素の除去には肌の再生機能】

女性

黒いシミを綺麗に取り除く

顔を触る人

黒いシミは医療系で対処

ほくろを除去する場合は医療機関へ行きましょう。より安全で的確に[黒いメラニン色素の塊]を取るならクリニックなどを選ぶべきです。病院などで行っているほくろ治療は主に三つあります。直に医師の手で行われるくりぬき方は医療用の特別なメスや道具を用いて除去されます。ほくろを円の様にくり抜いて、メスなどを入れた患部に巾着状に縫い縮める施術です。顔は皮膚の再生力が高めですから、くりぬき方が選ばれる可能性はあります。ほくろの大きさはおよそ6mm以内の大きさが施術のターゲットです。二つ目はメラニン色素や黒色に触発するレーザー治療です。黒子の細胞を破壊しますが、水分に連動する照射機器で削り取る施術になります。一種類のレーザーではありませんから、患者の皮膚の状態によって使う器具は異なるのが特徴的です。最後は少しリスキーな切除縫合法です。メラニン色素の塊をメスで切除した後に縫合して抜糸する術になります。しかしリスクはあると申しましても、ポピュラーな手術方法です。皮膚をある程度は切除しますから、あらかじめドクターに何処まで切るか聞いておきましょう。ほくろは放置していても身体に悪影響は与えません。メラノーマという細胞ガンがありますが、これは全く別物でありほくろと関係はないです。派生してメラノーマに変わるという説はありますが、実際は関与がありません。メラニン色素が固まって出来上がるものですから、実態はシミが濃くなった組織細胞です。しかし黒い点が特徴的であり視覚面において目立つのは無視できません。よって美容面においてはほくろ気にする方がいらっしゃいます。先に上げた三つの手段はどれも少しリスクがあるのは否定できないです。メスを入れるくりぬき法や切除縫合法は医師との相談によって決める必要性はあります。一番早くて済むのはレーザー法の除去になりますが、あくまで小規模に留まる範囲内です。巨大なほくろだとメスを使う必要性が出てきます。基本的にメラニン色素が集結して出来上がった黒い点は、視覚的に好まれにくいところがあるでしょう。特に女性にとっては不快になりかねないですから、大きくなる前に除去することも必要です。