ほくろ除去の相談【沈着した色素の除去には肌の再生機能】

気軽な印象チェンジ

カウンセリング

ほくろ除去は見た目を良くするとともに万が一の健康的な問題にも備える手段です。いつからでも自分がやりたいと思ったときに始められるものなので、自宅から通えるクリニックで見た目のチェンジを始めてみてはいかがでしょうか。

黒いシミを綺麗に取り除く

顔を触る人

ほくろはメラニン色素が結合した細胞組織です。取るなら医療機関へ足を運び除去してもらいましょう。くりぬき法や切除縫合法はメスを入れる使いますが、レーザーは状態してほくろを除去します。

ほくろの治療や医療費

鏡を見る人

ほくろは小さいものから大きなものまであり、良性もあれば悪性もあります。クリニックのほくろ除去で用いられているのがレーザー治療です。レーザーを照射するだけの治療なら、一回できれいにほくろ除去ができます。

美容のためだけではない

カウンセリング

ほくろの除去には、保険が適用される場合もあります。レーザー治療だと、10分程度で治療が終わるので手軽に受けられます。また、施術の後も残りにくいのでおすすめの方法といえるでしょう。

コンプレックスを解消

美容整形

ほくろ除去を決意したら、まずはカウンセリングを受けましょう。美容外科クリニックでは納得いくまで話を聞いてくれますし、分かりやすく教えてくれるので安心をして施術を受けることができます。コンプレックスも解消させることができます。

体への負担を軽減

レディ

専門家の治療が必要

ほくろとは皮膚の表面にできる黒い斑点のことを言い、メラニンと呼ばれる色素が沈着することによって発生します。メラニンはメラノサイトと呼ばれる細胞から産生され、紫外線などの刺激から肌を守るために分泌されます。この事から、ほくろは強い日光を浴びるといった刺激によって発生すると言われています。ほくろは皮膚の表面にできるものと、少し腫れ上がるようにできるものが存在します。腫れ上がるようにできた大きな物は皮膚の奥まで根が伸びていることが多いため、皮膚科などで治療をするのが良いでしょう。病院ではレーザーなどを使用した治療が行われており、効果が高いので短時間で治療することができます。跡が残ることも少なく、安全に除去できるのでなるべく皮膚科で治療を受けるのがオススメです。ほくろの除去は自宅で行うこともできます。自宅でできる除去方法として、専用のクリームなどを患部に使用する方法が挙げられます。効果は比較的穏やかで継続的な使用をする必要がありますが、安い費用で済ませられるため小さなほくろの除去などに向いています。ほくろの除去で注意することとして、必要以上に肌へ刺激を与えないことが挙げられます。刺激の強いクリームなどを使用すると肌荒れなどのトラブルを引き起こしたり、メラニンの分泌が活発となったりして結果的にほくろが濃くなってしまう恐れがあります。そのため、美容品を使用する際は価格よりも自身の肌に合っているかを重視するのが良いでしょう。また、ほくろを美容品などで除去する場合、肌に必要な栄養素を与えることにも気を付ける必要があります。沈着した色素の除去には肌の再生機能が大きく関わっており、美白成分だけでは大きな効果を得ることは難しくなっています。そのため、ビタミンC誘導体などが配合された化粧品を併用するのが良いでしょう。病院でほくろを除去した場合、強い日光を浴びないように注意する必要があります。治療した患部は刺激に対して弱くなっているため、直射日光を浴びると再びほくろが発生してしまうことがあります。病院で治療した際は強い日光を浴びることはしばらく避けるようにし、日傘などで対策をするのが良いでしょう。